NIPPON DESIGN CENTERON-SCREEN
CREATIVE DIVISION
PORTFOLIO

TYPE

PORTFOLIO

MENU

stone起動画面

書く気分を高めるテキストエディタ「stone」

日本デザインセンターのプロダクトとして、macOS向けテキストエディタ「stone」を企画・制作。 stone(ストーン)は、日本語を書くことに主軸を置いた文章作成アプリケーション。2016年から企画、デザイン、プロトタイピング、ベータテストを経て、2017年11月にappstoreからリリースした。日本デザインセンターがこれまでに培ってきたグラフィックデザインやエディトリアルデザインのノウハウを活かしたアプリケーションになっている。

書くためだけの道具として

stoneでは扱えるフォーマットをプレーンテキスト(.txt)のみ。企画を進める段階では文字の装飾やレイアウト、ルビなどふれるようなリッチテキスト形式も検討したが、stoneは「文章を書き出すことに特化したアプリケーション」として、ファイルフォーマットから性格を設定していった。 テキストデータしか保存されないプレーンテキストにファイルフォーマット絞ることで、stoneの機能は極端に制限され、それは紙とペンを渡されただけの状態に近いものになっている。 画面デザインも紙とペンをモチーフに作られていて、真っ白な紙や真っ黒なインクが無いように、stoneの画面もテキストも僅かにトーンを持っている。そして、起動時には白い紙が机に置かれたような状態を再現するべく、ウィンドウの位置やサイズも調整されている。

手に馴染む表現

書き手は最初の読み手、読み心地は書き心地に繋がると考える。stoneは何も設定しなくても書籍のように読みやすくデザインされていて、画面に表示される文章は本や雑誌のデザインでも使われる「混植」という、日本語と英語、それぞれ別のフォントを組み合わせる手法をstoneでも採用。使用されるフォントは目新しいものではなく、macOSに標準で搭載されているフォントを使用。 出力した際にも画面と同様にレイアウトに配慮されていて、ファイル名、日付、ページ番号、行番号を印刷することができる。

Visit Site